無添加なドッグフードが選ばれる理由

ドッグフードに良いと言われている条件の原料は色々存在していますが、どれだけいい原料を使用していても、添加物が含まれていると犬にとって健康的なドッグフードとは言えません。犬だけではなく人間にとっても添加物は害を与えるものです。なるべく使用されていないドッグフードを選びたいものですが、近年では無添加のドッグフードも販売されています。では、無添加のものを選ぶことにはどんなメリットがあるのかについて説明します。

まず一つ目のメリットは原材料には安全なものが使用されているということです。無添加のものに使用されている原材料にはアレルギーなどにならない素材を使用しており、さらに添加物も使用していないので安全性が高いと言われています。

また二つ目は栄養バランスが整っているのも魅力的な部分です。犬は健康を維持するためには栄養バランスが整ったドッグフードを食べなければなりません。しかし、どのドッグフードを選んでも絶対に安心ということはありません。無添加のドッグフードには良質なタンパク質やビタミン、ミネラルが豊富に含まれているものも多く存在しています。栄養バランスが整っているので、健康的な食生活を送れます。

このように無添加のドッグフードにはいくつかメリットがあるので、健康的な食事をするためにもいいドッグフードの条件は知っておくといいでしょう。

穀物はなるべく使用していないドッグフードを選ぼう

ドッグフードには穀物を使用しているものと使用していないグレインフリーの2種類が存在しています。穀物と一口に言っても種類は様々ですが、ドッグフードに良い条件とされているのが、穀物を使用していないグレインフリーです。そもそもなぜ穀物を取り過ぎると良くないのでしょうか。

穀物を取るのが良くないとされる理由の一つとして、太る可能性が高くなることが挙げられます。穀物には糖質が含まれており、人間でも同じですが、糖質は肥満に繋がることがあります。あまりにも太ってしまうと心臓にも負担がかかったりなど健康的にも良くないので、なるべく穀物は使用されていないドッグフードを選ぶと良いと言われています。

また、穀物はアレルギーになる原因とも言われています。実際に使用されている穀物によって異なりますが、例えば小麦やトウモロコシはアレルギーになりやすい穀物だと言われており、多く摂取するとアレルギー反応を起こす恐れがあります。アレルギーになると嘔吐や下痢、湿疹や痒みなどの症状が出て、健康的に生活することができません。アレルギーを防ぐためにも穀物はあまり多く摂らない方がいいでしょう。

このように、穀物があまりよくない理由について話しましたが、特にアレルギー体質の犬などにはグレインフリーを選ぶようにするようにしましょう。

犬には良質なタンパク質が豊富なドッグフードを与えよう

愛犬の健康のためにはなるべく栄養価に優れたドッグフードを与えるのが理想です。しかし、どのドッグフードを与えれば健康な生活を送れるのかよくわからないと悩んでいる飼い主も多いことでしょう。悩んでいる人は、肉や魚などの動物性タンパク質で作られたドッグフードを購入することを検討してみましょう。動物性タンパク質のドッグフードを選ぶメリットとは何かについて説明します。

まずタンパク質というのは犬の体調管理にはかかせない栄養素の一つです。犬は筋肉や骨、皮膚、血管、ホルモンなど身体の基礎となる物質を作り上げることで、健康維持のサポートを行っていますが、たんぱく質は犬の基礎となる物質を作り上げるのに重要な役割を果たしています。その為、良質なタンパク質が豊富に含まれたドッグフードを選ぶと良いと言われています。

ではなぜ動物性が良いのかということを説明していきます。まず、犬が消化を苦手とする小麦やトウモロコシなどの植物性タンパク質を使用しているドッグフードを与え続けてしまった場合、消化吸収しきれずに犬の大きな負担となります。なかにはアレルギーを発症してしまう犬もいます。ですが、動物性タンパク質の場合、消化がスムーズに出来るので、栄養分を充分に吸収出来るというわけです。

タンパク質は、体のコンディション維持といった点でとても大切な役割を担っており、最も欠かせない栄養素の1つと言えるでしょう。
しかし、タンパク質なら何でも良いというわけではありません。質の悪いものでは犬が栄養を分解・消化吸収しきれず、体に負担がかかってしまうこともあります。
犬にとって消化しにくいタンパク質は主に大豆や小麦、トウモロコシなどの植物性タンパク質です。
それに比べ、本来肉食である犬にとって、肉や魚などの動物性タンパク質はとても消化しやすく、スムーズに栄養素を吸収できるといわれています。

引用元 『ドッグフード販売サイト|MogWan』

このように、良質な動物性タンパク質を与えることの良さについて解説しましたが、ドッグフードにはまだまだ良い条件と言われているものがいくつか存在しているので、どんなドッグフードを与えたらいいのか分からない人のためにも紹介をします。