穀物はなるべく使用していないドッグフードを選ぼう

ドッグフードには穀物を使用しているものと使用していないグレインフリーの2種類が存在しています。穀物と一口に言っても種類は様々ですが、ドッグフードに良い条件とされているのが、穀物を使用していないグレインフリーです。そもそもなぜ穀物を取り過ぎると良くないのでしょうか。

穀物を取るのが良くないとされる理由の一つとして、太る可能性が高くなることが挙げられます。穀物には糖質が含まれており、人間でも同じですが、糖質は肥満に繋がることがあります。あまりにも太ってしまうと心臓にも負担がかかったりなど健康的にも良くないので、なるべく穀物は使用されていないドッグフードを選ぶと良いと言われています。

また、穀物はアレルギーになる原因とも言われています。実際に使用されている穀物によって異なりますが、例えば小麦やトウモロコシはアレルギーになりやすい穀物だと言われており、多く摂取するとアレルギー反応を起こす恐れがあります。アレルギーになると嘔吐や下痢、湿疹や痒みなどの症状が出て、健康的に生活することができません。アレルギーを防ぐためにも穀物はあまり多く摂らない方がいいでしょう。

このように、穀物があまりよくない理由について話しましたが、特にアレルギー体質の犬などにはグレインフリーを選ぶようにするようにしましょう。