犬には良質なタンパク質が豊富なドッグフードを与えよう

愛犬の健康のためにはなるべく栄養価に優れたドッグフードを与えるのが理想です。しかし、どのドッグフードを与えれば健康な生活を送れるのかよくわからないと悩んでいる飼い主も多いことでしょう。悩んでいる人は、肉や魚などの動物性タンパク質で作られたドッグフードを購入することを検討してみましょう。動物性タンパク質のドッグフードを選ぶメリットとは何かについて説明します。

まずタンパク質というのは犬の体調管理にはかかせない栄養素の一つです。犬は筋肉や骨、皮膚、血管、ホルモンなど身体の基礎となる物質を作り上げることで、健康維持のサポートを行っていますが、たんぱく質は犬の基礎となる物質を作り上げるのに重要な役割を果たしています。その為、良質なタンパク質が豊富に含まれたドッグフードを選ぶと良いと言われています。

ではなぜ動物性が良いのかということを説明していきます。まず、犬が消化を苦手とする小麦やトウモロコシなどの植物性タンパク質を使用しているドッグフードを与え続けてしまった場合、消化吸収しきれずに犬の大きな負担となります。なかにはアレルギーを発症してしまう犬もいます。ですが、動物性タンパク質の場合、消化がスムーズに出来るので、栄養分を充分に吸収出来るというわけです。

タンパク質は、体のコンディション維持といった点でとても大切な役割を担っており、最も欠かせない栄養素の1つと言えるでしょう。
しかし、タンパク質なら何でも良いというわけではありません。質の悪いものでは犬が栄養を分解・消化吸収しきれず、体に負担がかかってしまうこともあります。
犬にとって消化しにくいタンパク質は主に大豆や小麦、トウモロコシなどの植物性タンパク質です。
それに比べ、本来肉食である犬にとって、肉や魚などの動物性タンパク質はとても消化しやすく、スムーズに栄養素を吸収できるといわれています。

このように、良質な動物性タンパク質を与えることの良さについて解説しましたが、ドッグフードにはまだまだ良い条件と言われているものがいくつか存在しているので、どんなドッグフードを与えたらいいのか分からない人のためにも紹介をします。